然よかせっけんは顔のシミにも効果ある?

つかってみんしゃいよか石けんをご存知の方は多いでしょう。長い時間が育んだ火山灰シラスを超微細シラスパウダーに独自加工、美肌成分にもこだわり、あえて練り石けんというタイプを選択、熟練した職人の手作業によって、一つ一つ丁寧に製造されているのです。濃厚な泡で汚れをしっかり吸着、しかも含まれるミネラルのおかげでお肌はもっちりすべすべになれると、非常に好評です。

 

そんなつかってみんしゃいよか石けんが、2014年9月完全無添加にリニューアル、名称も新たに変更し販売されるのが、然よかせっけんなのです。これまでも、肌がすべすべになったとか、肌荒れ知らずの美肌になれたなどの高評価だったのですから、リニューアルしてさらにそういった評価は高まると予想されます。

 

そんな然よかせっけん、美白効果もあると言われていますが、肌に残ったメラニン色素のシミにも効果があるのでしょうか。肌は紫外線などの外部刺激を受けるとダメージから肌を守ろうと、メラノサイトが活性化、メラニン色素を作ります。

 

通常であれば、ターンオーバーとともにそのメラニン色素は体外に垢となって排出されるのですが、ターン―バーの周期が遅くなると、肌にそのまま残ってしまったものがシミなのです。

 

角質が落ちると…

然よかせっけんには固くなった角質を柔らかくする効果があるので、角質肥厚による肌のごわつきや、毛穴の詰まり、黒ずみを解消することは可能です。つまり、ピンポイントで白くすることはできませんが、使っていくうちに肌全体に透明感が戻り、もっちりつややか、しかも透き通った肌になれるのです。 ピーリングとの併用についてはこちら

 

つかってみんしゃいよか石けんを現在お使いの方はもちろん、まだ使ったことのない方、これから試してみようとお考えの方、ぜひこちらの然よかせっけんを試してみてはいかがでしょうか。肌内部から輝きを取り戻した、美肌をゲットできるかもしれませんよ。

TOPへ